銀座タテルヨシノ & 輪島塗蔦屋

10月8日(木)銀座タテルヨシノで輪島塗&コーディネートセミナーを開催しました。
台風19号上陸にもかかわらず、ご予約いただいた皆様にご参加いただきました。
本当にありがとうございました。
セミナーの様子をご報告します。

セミナーは、蔦屋・大工佳子が輪島塗の魅力をお話したあと、テーブルコーディネーター塩貝起志子先生による蔦屋の器を使った漆のコーディネートのお話をしていただきました。


エントランスは秋草蒔絵の煮物椀を使って


・椿漆絵で描かれた赤の地代椀。
 大正時代の形ですが、今でもモダンでしょ!!
 華膳の上にはガラスの小鉢。漆とガラスがとても良くあいます。


・木地呂シリーズの器 日常使いにとても使いやすいです。


・赤のお重にはプチケーキやクッキーを入れてTea Timeはいかがですか?
 赤の布目盆は、こんな時大活躍です。

セミナー後はタテルヨシノのFrenchをいただきました。
今回のためにオーナーシェフ、吉野 建氏が特別メニューを考えて下さいました。


アミューズは80年前のお盆を使って。


オードブル 布目盆(このお盆はTeaのコーディネートに使われているものと同じです)


片口に氷を入れてワインクーラーに!!
輪島塗になっていれば露もうちません。

今後もこのようなセミナーをやっていきたいと思います。